医療・医薬品の通販サイト

近年、医療用品や医薬品が通販で便利に購入できるようになりました。健康志向の高い方から足が不自由だったり病状にコンプレックスを持っており、なかなか病院へいけない方など、多くの方が医療通販で健康管理や治療を行っております。

医療だけに頼らず排卵期の不調をバナナで改善

子供を産める女性は毎月生理がやってきます。毎月生理があることは、健康の証といえるものですが、健康とは相反する、不快な症状が出やすいという問題と、同時に付き合っていかなければならない女性がたくさんいます。
医療の分野でも女性の生理に関する不快な症状に着目しており、様々な病名や症状の名前が存在するほどです。あまりにも症状が辛い時には、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が隠されている恐れがありますので、一度は医療機関で検査をしてもらうのがよいでしょう。そこまでひどくないのなら、医療機関ばかりに頼らず、生活習慣を工夫して、改善を目指すことをおすすめします。
生理には月経期や卵胞期、排卵期、黄体期などがあります。身体の不調があらわれやすいのが黄体期ですが、排卵期にも不調を訴える女性が多くいます。排卵期とは生理が始まってから11日から17日後の排卵日前後を指す期間のことで、体調の変化があらわれる時期になります。
原因ははっきりしていませんが、ホルモンバランスの変化が理由だとされています。よって、ホルモンバランスを安定させることが、不調を軽減するヒントといえます。
バナナは栄養価が高く、医療の現場からも推奨されるほど、健康によいものだとされていますが、このバナナと豆乳を合わせることで、大豆イソフラボンの身体への吸収を助けることができます。大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似た性質を持っており、女性ホルモンを補ったり、安定させる目的として知られている成分です。
バナナにはビタミンEが含まれており、この栄養素の力で大豆たんぱくを効率よく分解することができます。ですので、バナナと大豆製品の豆乳の組み合わせは、理に適っているといえます。