医療・医薬品の通販サイト

近年、医療用品や医薬品が通販で便利に購入できるようになりました。健康志向の高い方から足が不自由だったり病状にコンプレックスを持っており、なかなか病院へいけない方など、多くの方が医療通販で健康管理や治療を行っております。

薬の個人輸入ってどんな仕組み?

現代の医療において医薬品は非常に重要な地位を占めるようになっています。
自宅療養で問題ない程度の症状であれば薬が処方されて自宅で治療するということになりますし、入院治療というところにおいても薬が無くてはならないシーンは山ほどあります。
こと医療という場において薬はもはや欠かすことができないものとなっているのですが、医療の現場で使用されている処方薬の多くは処方箋が無くては手に入れることができません。
しかしその例外として、医療の現場以外でも処方薬を手に入れられるのが個人輸入です。
この個人輸入の大まかな仕組みとしては、使用者が海外の製薬会社、もしくは薬品販売会社に対して直接コンタクトを取り、そこで取引の契約を結び、代金を支払って日本まで薬を送ってもらうという形になっています。
一見すると処方薬を処方箋なしに手に入れることが違法のようにも見えますが、個人だけで使用するのであり、国内で輸入・使用が違法となる薬物として指定されているわけでもない限り個人輸入が犯罪になるということはありません。
ただ現実的に考えて、こうした仕組みの全てを自分一人でクリアできるという人は早々いないでしょう。
この大まかな仕組みの中でも現地の言葉を話せること、連絡手段を持っていること、海外へ送金する方法を知っていることなどさまざまな知識が必要になります。
そのため最近だと個人輸入代行業者も出てくるようになりました。
代行業者は個人輸入に際して必要な作業の全てを代行するのが役割であり、現地法人に対して直接コンタクトを取ってもらうことができます。
これはあくまでも輸入を代行しているだけですから、医薬品を販売しているわけではありません。
個人輸入はハードルがやや高く、また誰もが行うべきだというものではありませんが、必要に応じて活用できるようにしておくと良いでしょう。